スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベトナムでのぼったくり完全対策」の巻



前回のブログでは、あまり役に立たないであろう、ぼったくり対処法を紹介したが、
今回は、絶対にぼったくられない方法を特別にお伝えしよう。

タイトルにあるようにベトナムに限定してしまうと語弊があるかと思う、すんまへん、ベトナム。
ベトナムだけでなく、どこの国に行っても起こりうることで、タイ、インド、中国などでも同様。
もちろん、日本でもぼったくられるというか、騙されるというか、
消費者センターには今日もひっきりなしに問い合わせがきているはず。
だから、人間どこにいても騙されぼったくられ丸裸にされるわけで。


今回は飯屋にフォーカスしてどこにいても安全に定価で飯が食える方法をご紹介。

さてさて、
今回、ぼったくり対策で大変お世話になったのはこの方です!
はいっ!どうぞっ!ドンッ!

DSC05697.jpg



~ コンビンザン大衆食堂での一悶着 ~

コンビンザンとは平民?兵士?(どっちか)が食べるご飯という意味だそうで、
お昼になると、短時間でサクッと食べに来るおっちゃんらでどこのお店も混雑している。
日本で言うと、気軽に飯が食える吉野家みたいな存在ですかね。(でもおいらはすき屋が好き好き好きなんです)

どんな食べ物かって?
白いアツアツのご飯の上に、自分好みのおかずを5品ほどちょこちょこ載せてもらうだけ。
おかずは店によって違うが15品以上は最低ある。鶏肉を醤油ベースでくたくたに煮たやつとか、
野菜炒めみたいなやつとか、焼き魚とか、揚げ春巻きとか、その他諸々。とにかくうまい。
コンビンザンの相場は2万ドン(日本円は自分で計算して!1円=250ドンぐらい)

そんなコンビンザンのお店で、ホイアン市内でおいらが前々から気になっていて、
いつもシクロやタクシーのおっちゃんで溢れかえっているお店がPhan Chau Trinh通りのバス停の近くにある。

コンビンザン店


ある日の正午・・・
その店の近くを通ったので、ふらっと入ってみた。
選んだおかずをご飯にぶっかけてもらって、左手と右手に装備した箸とスプーンを使って、
一口食べてみるとOMG(オーマイゴッドね)。
ふと我に返り、気づくとそこには白い皿だけがあった。
とにかくおかずのクオリティーが高すぎてご飯が進む進む。
ご飯が口の中で喜んでいるのが分かるぐらい・・・

「私はご飯。醤油ベースの鶏肉君、一緒になってもらって良い?」みたいな感じで、
ごはんからおかずに絡みにいってやがるから、まー困った困った。その名も「中毒コンビンザン」。

心も胃袋も満足して、店を出ようと、おっとお会計を忘れるところだったみたいな仕草をしてから、
財布見たら・・・

しまった。。。5万ドン札しかないことに気づく。
でも、まー、大丈夫だろ、きっとおつりは返ってくるさ、となぜか楽観視。
店の出口付近にいたごっつい壊れたおもちゃみたいなおばちゃん(上の写真)に自然な感じで5万ドン札を出すと、

・・・・

・・・・ん?

あれっ?おつりは?

おばちゃん:「おつりなんてないよ、5万ドンだから!」

ハイキターーーーー!!!!2倍以上やないかーーーーぃ!

横でお会計してるタクシーのおっちゃんは2万ドン払っているにもかかわらず、平気な顔で、

おばちゃん:「だから5万ドンだよ、あんたは!外人価格よ!」


日本で1000円て聞いてた高速道路に乗って、支払いの時に、「2500円でーす!」って言われたら、
いやいやいやいやってなるのと同じ。全く同じ!!高速を逆走して反抗するから、まじで。


ここからは、前回のブログと同じくだり。。
やいやい20分ぐらいもめにもめ、結局諦めて帰ってきた。おつりは返ってこなかった。(いつもこんな内容でゴメンねゴメンね)


■もめた20分間で試みた手
①ホイアン在住アピール作戦(2年ここで働いているという嘘)
②店の味をベタ褒め作戦(この店の飯はホイアンで一番という嘘)
③警察を呼ぶふり作戦(携帯で店の住所をひたすら言う嘘)
④本気で泣きマネ作戦(涙出るまで顔くしゃくしゃにしてお願いと言う嘘)

上記すべて失敗。ケラケラ笑われた。お客から変人扱いされた。あほらしくなって、最後は諦めた。
でもその後1時間ぐらいずっと悔しかった。あんなにおいしいのに・・・
あんなにおいしい料理出すのに、外国人にだけ高い料金とったら、
外人リピーター増えないんじゃないかと(お店はそれを望んでいないかもしれないが)。
あの店を思う気持ちと、ぼったくられた悔しさが入り混じって、
血が出るまで拳を壁に打ち付けた。。(って言いたいが拳は嘘です)
しかし残念で残念で仕方なかった。



それから、1週間後・・・・リベンジに出る。


例の店の前を通った時に、

ピカピカピカーーー!ドドドーン!

神からの新たなお告げがおいらの脳天へ落ちてきた!

すぐに店の前にバイクを止め、店へ向かった。
ベトナムでは、バイクに乗るとき、サングラスとマスクを付けて乗るのはお決まりスタイルとなっている。
いつもそのスタイルでいるとたまにベトナム人と間違われ、ベトナム語で声をかけられる。

そう。。。。ベトナム人に間違われるのだ。(ざわざわざわ)

店の前に立った時、おいらはまだヘルメットサングラスマスク3点セットをつけていた。
いつもならバイクを降りた時点で外すはずなのに・・・ クックックック

3点セット


このかなりイケメンで水嶋ヒロ似の格好で店の中に入り、あの壊れたおもちゃなおばちゃんに向かって、
「コンビンザン1皿」と短いフレーズをバレないように言った。
おばちゃんはまだ気づいていない。(ざわざわざわざわ)
しかし、まだ越えなければいけない壁がある。。。おかず選び。

おかずの前に立ち、小さい声で「これ」を5回繰り返す。
おばちゃんをサングラス越しに覗き込むと、まだベトナム人と信じ込んでいる様子。

よし!きた!


選び終わると、すぐさまレジから遠いテーブルに座り、料理を待った。
まだ、3点セットを付けている(よく考えれば、店の中でこの姿も怪しすぎる気がする)。

油断はできない。ここで3点セットを外してはいけない。
店員がスープを運んでくるからだ。

スープが運ばれた(ざわざわざわざわ)。
一瞬おいらを見たが、大丈夫、顔は3点セットで守られているから、気づかれていない。
おいらは外人じゃないのだ!
おいらはこの店ではベトナム人なのだ!(外人て言葉差別用語みたいだけどここでは勘弁してね)

すぐに3点セットを外し、コンビンザンに手をつけた。
そこから気を失い、気づくとそこには白い皿だけがあった。やはりうまい。

まだやらなければいけないことがある。
最後の難関、支払い

3点セットを装備し、壊れたおばちゃんを目指す。
他の客が2万ドンを出しているタイミングで、
おいらもどさくさに紛れて、そっと2万ドンを出す。

「・・・」(ざわざわざわざわ)

何も言うてこない。

壊れたおばちゃんをチラっと見る。

他の客の対応をしている。



やった!やったよ!快挙だよママ!

おいらは2万ドンで飯を食えたよ!


おいらは、急いで店から出て、店の前で、3点セットを外し、すべてを空へと放り投げた。

そして、壊れたおばちゃんを見た!

おばちゃんが2度見、いや5度見ぐらいをし、目を擦っている。

あいつは、確か先週来た外人じゃないか、と驚きとしてやられた顔をしている。


そのタイミングでおれは、自由と平等、そして平和を意味し、ピースサインを突きつけてやった!

そして最後に、「お前の店は、一番うまいぜ!ご馳走様!あばーよ!」と言い放ってやった!


その帰り、おいらの心と胃袋が100パーセント満たされているのを感じた。

これから、あの店でベトナム人と同じ値段で食べることができるという喜びを身体いっぱい感じながら家へ帰った。




そして・・・その3日後

無性にコンビンザンを食べたくなってきた。

自信を持って、3点セットを装備し、

店へ向かった。

前回と同じように、静かにおかずを選び、コンビンザンを食べ尽くした。

そして壊れたおばちゃんに2万ドンを出した。


「5万ドンよ!あんた、前の外人でしょ!」



・・・あれっ?・・・バレた。。


・・・しかし、次の瞬間


「いつも来てくれるから、3万ドンでいいわよ」


えっ?へっ?ほぇっ?

壊れたおばちゃんがちょっと折れた。

すでに壊れているのにここでさらに折れたら、

ただのガラクタなおばちゃんになってしまうというのに、

それでも折れてくれた。

ありがと・・やさしい・・

定価より1万ドン高いが、

それでもガラクタになってくれた、おばちゃん。


おいらは妥協し、3万ドンを払い、

前回とは違う喜びを感じながら、家へと帰った。

おそらく通い続けるといつか2万ドンになるだろうと思いながら。




初心者がベトナムでぼったくりに遭わないための最良の方法は、

「3点セット完全ベトナム人化作戦」

ではあるが、

正直、回りを警戒しながら食べないといけない。

集中して料理を味わうことができるかというとそうでもない。



今回の壊れたおばちゃんとの一悶着の中で学び得たこと。

気持ちよくぼったくりに遭わない方法とは、

「愛情を持ってとにかく通う」ということだ。


お互い人種が違っても、我々は人と人。所詮人間。

必ず通じ合うことができる。

そこにたどりつくまでには時間がかかるかもしれない。

しかし、お店を想い、料理を想い、相手を想い続ければ、

必ず想いは届き、分かり合える。

それは、日本にいたって、中国にいたって、リビアにいたって、

どこにいても同じことだとおいらは信じている。

そこを乗り越えてこそ、見出せる喜びがある。

外人が異国に住む醍醐味はそこにもあると思う。

これから世界はもっと開かれ、多くの人たちが国境を行き来するだろう。

そうしたときに、

この「愛情を持ってとにかく通う精神」をおいら自身は意識して持ち続けていきたい。

そんなことを気づかせてくれた壊れたおばちゃんに心から感謝している。

また行くから、待っててね。


スポンサーサイト

「ベトナム人にぼったくられた時の対処法」の巻


ホイアン来てから3回ほど切れそうになった。。
(写真、目が少し、いってる)
DSC01343.jpg




1回目、コムガーのお店で
DSC05517.jpg

最初にはまったベトナム料理、コムガー(写真汚っ!)。

サフランライスみたいな黄色い米の上にドスンとチキンがのっているダイナミックな料理。

そこに好みでコチジャンみたいなタレをかけていく。はまると抜け出せない味。

そういうことでおいらもはまってしまい、通っていた。

そんなある日、腹が減ったのでそのお店に行った。

さて食べようかと思った時、ふと値段が気になり、お客にいくらと聞いた。

客は、「2万ドン(約70円)」と答えた。

あれ?聞き間違いか。もう3回ぐらい聞き直した。

おいらはいつも「2万5千ドン(約100円)」を払っている。


騙されていた。。身体が徐々に熱を帯びてくるのを感じた。


食べずに席を立ち、店のデブおばさんに「おれだけなぜ5千ドン高い?」と強気で聞く。

そしたら、「外人価格だからさ。へっ!」と返される。


はい、きたーー。突入ーー。


そこから15分ぐらいヤイヤイ揉めるに揉める。

仕舞いには客全員に向かって、

「なんだよ、ベトナム!どうした、ベトナム!なぜだ、ベトナム!(あくまでそんなニュアンス)」
と訴えかける。

皆クスクス笑い。。そりゃそうだ。みんな外人は金持ってるから当たりめーだよって思ってるはず(主観)。

相当鬱陶しい奴だと思われていたが、なぜか止まらなかった。

最終的に、中指立てて、デブおばさんの前で「おいっ!」って10回ぐらいしたら、

後ろの料理人が包丁見せてきたので、さすがにひるみ、仕方なくホテル(その頃までホテル住まい)に帰った。。

ホテル戻ると、オーナーが「どうした?」と聞いてきたから、事情説明した。

「代わりに買ってきてやるよ」と。

「そういうことじゃないっす」と内心思ったが、腹が減りすぎていたため、結局買ってきてもらった。

悔しかったけど、、やっぱ美味かった。落ち込みながら食うコムガーの味、今でも忘れられない。

思い返せば、たった30円の差額。虚しさがこみ上げてくる。

結局、よそ者だから、ある程度妥協は必要だろうと学ぶ。



2回目、ローカルバスで
DSC00832.jpg

隣町ダナンからホイアンまでローカルバスが出ている。

その値段「1万2千ドン(日本円は自分で計算して)」。

その日は、夕方にダナンからホイアンに帰ろうとバスに乗り込む。

入ると、東京の満員電車並みの混み様(東京の満員電車経験ないけど、たぶんそんな感じだろう)。

「人よっ!」「多さよっ!」窒息してもおかしくない状況。。

とりあえず我慢して席が空くのを狙っていると。。

バスの集金係のチャライおっさん(中部では未だにバスチケットなるものがなく、金を集金係に直接払うというアナーキーなシステム)が人ごみをかいくぐり、おれの前に現れる。

いつも通り、1万2千ドンだと思い、細かいのがなかったため、おつりを期待し5万ドンを渡す。。

きますよ。そろそろきますよ。。


おっさん、次の客のところに行こうとする。

えっ?終わり?おつりは?

「おいおい、おっさん、おつりの3万8千ドンは?」と聞くと、

「外人は5万ドンだから。へっ!」と。。

はい、きたーー。突入ーー。

そこからおっさんに食ってかかる。食ってかかる。腹も減っていたので、とりあえず食ってかかる。

チャラおっさん、ひたすら無視。無視。無視。無視。

腹が立って、おれの納豆みたいなしつこい顔をおっさんの顔面5cmぐらいのとこまで近づけてやる。

そして、ひたすら、「おいっ!」「おいっ!」日本語で「おいっ!コラっ!」。

もうええやろと思いきや、ひたすら顔面おい攻撃。

おっさんも「あぁ、コラ!」顔で対抗。

もう一段階腹が立ち、おっさんの胸ぐらがっつり掴む。揺さぶる。顔面おい揺さぶり攻撃発動。

その瞬間、もう一人の集金係(何人おるんじゃ、いったい)が間に入り、二人をなだめる。

結局、おっさん、堪忍して、ケッという顔でおつりをくしゃくしゃにして返してきた。

それにも腹が立ち、おつりを顔面に投げつけてやろうと思ったが、理性が働いた。ありがとー理性くん。


その後、なぜかチャラおっさんがおれに席が空いたと座らせてくれた。
緩急つけやがって。く~~、たまんないねー。

このひと悶着があってから、そのチャラおっさんのバスに乗ると、

諦めたように、ベトナム人価格で乗せてくれるようになった。


=======================================================================================================
この2回の悶着から、導かれたぼったくり対処法は、

「とにかく粘る」ということらしい。粘れば成功が見えてくる(成功かどうかは自己判断で)。

ただ、ベトナム在住日本人に聞くと、「その時間がとても無駄で、疲れる」とおっしゃる。

その通り。

とにかく面倒臭い。

対処に成功しても失敗しても残るのは虚無感。。何してんだおれ、と感じざるおえないということ。

だけど、我慢できないという人は、粘ってください。ただ周りからすれば滑稽に見えている可能性大。



もう一つのホイアン悶着はまた後日ということで。

もっと実用的な対処法をお教えしますので、乞うご期待。

ちなみに、次回はこのババァとのトラブルです。。         何が「イェイ!」じゃ!調子乗んな~~!
DSC05697.jpg
プロフィール

jiko1180

Author:jiko1180
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。