スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベトナム小学生の舞台での立ち振る舞いに完璧に度肝抜かれた!!」の巻


シャワー

先ほど、家のベランダにある浴室でシャワーを浴びてきました。

そして、浴びてから裸のまま、クーラーをつけておいた部屋に戻ると、

最高に気持ちが良いということを思い出したところです。

皆さんもこの感覚、子供の頃に体験したはず。

運動

子供の頃なんて大人になった今と比べて、日中、クーラーにあたる機会なんて

滅多にないはず。小学校にクーラーなんかないし、

学校が終わって、友達と行った近所の駄菓子屋にもクーラーなんかない。

汗びっしょりで家に帰り、夕飯ができるまでに、シャワーを浴び、

そして、クーラーがぎんぎんに効いているリビングに戻ったあの瞬間。

覚えてますよね?懐かしいですよね?

あの感覚がここにはあるんです。ここベトナム。いや、ここホイアン。いや、ここ私の自宅に。

ホイアンは、最近30度近くまで気温が上がってます。上り調子の絶好調です。

日本でいうと夏。でも町にはほとんどクーラーなし。

私が働くオフィス部分にもクーラーはなく、扇風機を回すのみ。

昼間、ご飯を食べに行っても、そこは、路上に机とテーブルを出しただけの屋台。暑い。

中学校に日本語を教えに行っても、そこにはクーラーなんぞない。暑い。

仕事終わりにカフェに行くもそこにもない。暑い。

夜、くたくたに疲れ、汗を体中にしみ込ませ帰宅し、すぐさまGo To シャワー。

そして、浴びたあとに。。クーラールームへジャンプイン!! という流れは、ほんと最高。

気持ちええんやで~~! イェ~~~イ!!
こうじ顔


すみません。。

上記のようなことを書こうと思い、久々にブログを開けたわけではございません。

「発表会に行ってきたぁ!!」ということを書きたかったんです。

私は、今、小学校と中学校で日本語を教えさせてもらってます。

私的には、特に小学校がすてきなんです。

子供たちが、めちゃくちゃかわいいんです。

両手で彼らの頬をこねくり回したくなるぐらいカワイイんです。(でも決してロリコンではございません。。笑)

コンサート②


授業が始まり、私が教室に入れば、子供たちは、起立をし、

必ず歌を歌ってくれます。

ホーチミンさんの歌、ベトナムを称える歌、学ぶ喜びを表現した歌などなど、

クラス全員で授業に集中するため合唱します。

彼らは別に僕に対して歌っているわけではないと思うのですが、

教壇に立ち、彼らの美しい声と満面の笑み、純粋な瞳から放たれる光線を全身で浴びる感覚は、

ぬる~いシャワーを浴びるのとは大違いだと、

先ほどシャワーを浴びながら、ぼーっと考えていました。

このタイミングで「日本の小学生と違ってベトナムの・・・」などとは決して言いません。

私は、今の日本の小学生の実態を知りませんから、比較しようもないし、

日本の地域によってもそれは違ってくるし、それこそベトナムでも違うわけで、

ここホイアンのルンテーヴィン小学校のあの子供たちが、とてつもなくかわいいという事実を書いています。

~~~~~~~~~

そんなかわいい子供たちから、ある日、

夜に小学校で音楽発表会があるから見に来てほしいと言われました。

そんなお誘いを断る気になどなるはずがありません。

「誰が断るものか!!

 息子のお遊戯会に仕事を休んで見に行く親の気持ちで絶対に行くさ!!」

とベトナム語で子供たちに伝えました。

「ベトナム語で」というのは、嘘です。そこまでベト語できません。

でも、その気持ちは、嘘ではありません。

そんなこんなで当日を向かえ(どんなこんなや!)、夜の8時に小学校に足を運ぶと、

すでに発表会は始まっていました。

コンサート③


正門の前は、多くの観客で溢れており、バイクを止める場所すらありません。

なんとか校舎の中に入り、視線を運動場に向けると、

昼間の学校とは全く違う光景が飛び込んできました。

コンサート④


というか、運動場に野外ステージが設置されてるじゃありませんか。

発表会でなく、コンサートですよ、これは!!

ぎんぎらの照明に、でっかいスピーカー、そして時々、ステージ前からスモーク。

プシューーーー!!!
コンサート⑤


よくよく考えれば、こんな時間に小学生がコンサートをすること自体、

私の中の薄っぺらく積み重なった常識からしてみれば、度肝を抜かれる光景です。

子供たちの今の感覚は、私が幼少期に、地域の夏の盆踊り大会に近所の友達と参加し、

好意を寄せていた女の子が浴衣で踊っているのを気にしつつも、

男友達で意味もなく会場を何往復もしている感覚なのでしょうか。

要は、ワクワクしてくる雰囲気がそこにはあったわけです。

そんなことを考えていると、低音をきかせて今どきのイケイケな音楽が鳴り始めました。

気になり、ちらりとステージに目をやると、

いつも私が教えている4年生の子供たちが立っているじゃないありませんか。

踊っているのか? いや、踊ってはいないぞ、歌っているのか? いやいや、踊ってもないし歌ってもいない。

何をしているのかと目を擦り、ステージにピントを合わせてみると、

コンサート⑦

モデルのような立ち振る舞いをしている。

派手なファッションに身を包み、歩くときに腰をくねくねさせ、

観衆の目を奪おうとしている。

そしてステージ前方中央で立ち止まり、最高にクールなポーズを決めている。

なんじゃこりゃ?

そうか。これは、ファッシャンショーなんだ。

コンサート⑥


こちらベトナムに来て発見したこと。

小学生も中学生も高校生も、ステージに上がると、

100パーセントでそれを演じる。

僕なら、いや多くの日本人は、恥ずかしくてそこまでできないだろう。

しかし彼らは、平気でそれを見事にやりきってしまう。自分を見せようとしている。

ベトナムの高校のファッションショーでも同じことを感じたし、

中学の音楽祭でもそれを感じた。

色っぽくウインクしたり、アヒル口を作ってみたり、

サングラスをかっこよく外してみたり、

襟をサッサッと正し、スッとポーズを決めてみたりと、

日本でいうところの郷ひろみがやるようなことを子供たちが平気でやりきってしまう。

それはそれは、ほんとにすごい。

主観ではあるが、他の東南アジアの国も同じような気がする。

どちらかでいうと、欧米的な文化要素だと思う。

恥じず、主張するという点で。

日本だと、「うわわわっ・・・」ってなってしまうだろう。

そういう面で、アジアの中でも日本は、少し違う文化がある。

その中で、日本のオタク文化は東南アジアに通用するのか!?どうだろう?

東南アジアで、K-POPが普及している理由は、そんなところにもあるのでは!?

なんてことを、小学校の夜のコンサートを見ていてぼんやりと思った。


その翌日、授業で小学校に行くと、いつも通り、彼らは、赤いスカーフを首に巻き、

元気な表情で、ベトナムの歌を歌ってくれた。

コンサート①




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ふぉー!

こーじさんのセクシーシャワーフォトにはじまり、幼少期のクーラーの思い出、
か~ら~の!
ベトナムの小学生の実態をお伝えいただいて、とても興味深く拝見いたしました。

ベトナムって、パワーある国ですね、本当に。
日本人はどうしてはずかしがっちゃったりするんだろう?
育て方なのかしら?学校の雰囲気?
友人で小学校の先生をしている子がいるのでこんど会ったときに
ネホハホ聞いてみようと思います。

暑くてクーラーもないとのこと、体調には気をつけて
モリモリ食べてガツガツ活動してくださいー!

フォー!!

じゅんこさん

ふぉー!ってなんですか~?笑。。 ベトナム料理のフォーが恋しいということですね。

ぜひぜひ、日本の子供たちの実態には興味ありますので、
その友人の方に聞いていただきたいです。
最近では、アイフォンを子供がもっているという噂も聞いたり聞かなかったりと、
先進国の子供の暮らしぶりは、ここホイアンとは、大きく違うような気がします。

クーラーなし生活は、逆に健康に良い気がしないでもないですので、
しっかり水分とって、汗かいて、ガツガツ食ってせっせと働きま~す。
じゅんこさんもファイトーで~す!!またホイアンで会いまひょ~!


こうじ

プロフィール

jiko1180

Author:jiko1180
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。